ワードプレスの既存のテーマを編集するときは子テーマを忘れずに

2016-06-14_035001000_16762_iOS

ワードプレスを使ってブログやホームページを作る方が増えてきました。
そんな中で、数あるテーマの中から自分でテーマを選択して使い始めるわけです。

が、もしあなたがそのテーマのファイルを直接編集することがある場合・・・・
例えば、既存のテーマの文字フォントや文字サイズを変更したいなど、直接CSSやPHPのファイルを直接編集したいと思った場合

ちょっと待った!!!!

まずは「子テーマ」を作りましょう。

子テーマは親のテーマで定義している内容を引き継ぎ、部分的に定義し直したり上書きをすることができます。

なぜ子テーマを作る必要があるのか

通常テーマをカスタマイズする際、そのテーマファイルを直接編集します。
しかし、ワードプレスがバージョンアップするのと同様にテーマもバージョンアップされていくものです。

しかし、そのテーマをバージョンアップすると編集した箇所はすべてリセットされ、元に戻ってしまいます。
そのための「子テーマ」です。

親のテーマがバージョンアップされても「子テーマ」があれば、その内容はちゃんと保持され続けます。

これが、「子テーマ」の最大の役割です。

もしこれからワードプレスを使ってホームページやブログを始めようと思っている、そして、さらにテーマをいろいろカスタマイズしてみたいな〜と思っている場合は、

「子テーマ」を作ってから始めましょうね。

この記事を書いた人

佐々木亜紀
佐々木亜紀
株式会社アドプラス 代表取締役 
千葉コワーキングスペース201オーナー

ウェブ制作8年、実店舗運営5年。
ワードプレス制作と実店舗運営の経験を生かして集客のためのワードプレスの基礎構築講座を主宰。

中小企業庁
ミラサポ専門家派遣事業登録専門家
千葉県産業振興センター登録専門家

講座MENU

制作前の企画作りからワードプレスの制作、集客方法を1日でぎゅっと詰め込んで習得します。

この講座を学ぶと
自分でワードプレスを作るスキルとウェブマーケティングの基礎を身につく。
検索に強い集客しやすいワードプレスを自分で運営していくことができるようになります。