ホームページを作ろう!と決めた先にも選択肢が沢山あります

ホームページを作ろう

さあ!これからホームページを作ってお客様を集めよう!そう思ったその先には、選択肢が沢山あります。

私自身、ウェブ制作会社ですから、依頼していただくという選択していただけると嬉しいですが、時代はどんどん進み、便利なツールやサービスも沢山出て、「自分で作る」という選択も当然あるわけです。

「さあ、自分で作ろう!」と選択した後、悩むのが何をどう選べばいいのかというところ。
現在の主流はブラウザ上でコンテンツを追加していくことができる「CMS(コンテンツ構築システム)」

CMSの中でも大きく分けて二つ。
「ビジュアルベース」と「ブログベース」

「ビジュアルベース」はサイトの出来上がりそのままを見たままに(ビジュアル的に)画像やテキストを組み込んでいくので、本当に簡単。
代表的なものがJimdoWix など。ペライチは、ランディングページを簡単に作れちゃう。

「ブログベース」は、文字通り、ブログ機能が充実していて、サイトを少しずつ育てて大きくしていくことができるタイプ。
代表されるものがWordPressMovable Type(ムーバブルタイプ)concrete5(コンクリートファイブ)Drupal(ドルーパル)など。

どれがいい?どれが悪い?というより、どれが合ってる?というのはそれぞれの事業内容や作りたいサイトによってもいろいろです。

なんだかよくわからないけど、「自分で作る」→ 「ワードプレス(WordPress)」を選択したという方は、上の図のここを選択したんだな・・・と思っていただければ。

この記事を書いた人

佐々木亜紀
佐々木亜紀
株式会社アドプラス 代表取締役 佐々木亜紀 千葉コワーキングスペース201 オーナー 2009年9月開業。ウェブ制作業務を開始。 WordPressを使った制作を行い、中小企業、個人事業主、女性起業家のサイトを制作する傍ら、SNSなどウェブを使った集客全般のサポートを行う。 2013年よりコワーキングスペースを運営。 中小企業庁 ミラサポ専門家派遣事業登録専門家 千葉県産業振興センター登録専門家

1日で完成!ワードプレスを始めてみよう

スタートはここから。
サンプルサイトを作りながら、ワードプレスの楽しさを理解しよう!

専門知識は一切必要ありません。
少人数制のレッスンですので、初心者でも安心して学べる講座です。
受講終了後、画像やテキストを変更して自社サイトとして育てていくことができます。