ホームページ制作の技術的なことだけでなく自身のビジネススタイルに合った魅せ方も考えるきっかけになりました。

自社のホームページは以前からホームページビルダーのソフトを使って自分で作っていました。
ワードプレスへの移行にともなって、なるべくイメージに近いテンプレートを購入して引き続き自分で作っていましたが、なかなか細かいところまで設定できず、プラグインをたくさん入れていました。

ワードプレスのバージョンアップによって動作しないプラグインが出てきたり、
プラグイン同士の影響で動かなくなったり、ホームページのデータが雑然としてしまっていたところ、佐々木さんのワンデイ講座を知り、問い合わせしました。

当初、別のテンプレートを入れることを前提でご相談したところ、テンプレートに使われているサンプル写真のキレイさ・かっこよさだけでそれを選んでいることに気付かされ(笑)、そして「たしかにこのホームページのイメージは格好いいけど、山本さんが来て欲しいお客さんにとって見やすいかな?必要な情報がわかりやすいかな?」と言われ、ハッとしました。

ホームページ制作の技術的なことだけでなく、自身のビジネススタイルに合った魅せ方も考えるきっかけになりました。

佐々木さんに提案されたテンプレートは、最初は「え、こんなシンプルで単純なテンプレートだと、あまり見栄えしないなぁ、、」と思いましたが、今までの方がつくったホームページを色々拝見し、とても同じテンプレートからつくったとは思えない→可変性がある!と感じ、作業を進めました。

以前困っていたプラグインだらけのワードプレスデータではなく、必要最低限のプラグインを教えてもらえたのもよかったです。

WEB講座では、いつでも必要なところを見返して作業できるのと、
ipadでビデオを見ながら、適宜止めて平行して自分のサイトの作業を進められるのが、とても便利です。

ホームページはつくって終わり、ではなく、自身の事業を進めていきながら、更新したり時には大幅にリニューアルすることもあります。

自分の事業の伝えたいこと・見せたいこと、は自分で発信するのが一番。

操作方法がわからなくなると、そのような気持ちも失せてしまいますが、
いつでも見られるこのWEB講座があると、中途半端に作業をやめてしまうこともなくなりました。

また、新たな事業立ち上げで新しいホームページをつくるときにも、「アレ?最初はどうだったっけ?」ということも、WEB講座を見返せば思い出しながら作業ができます。

お客さまのニーズの変化が短期間になってきている昨今。

時代に合わせて事業を柔軟に変化させることも大切だと考えています。

そのたびに、会社の表札・顔となるホームページを自分で思うようにデザインして更新できるのはとてもありがたいです。

ひだまり設計工房 代表 山本様
ひだまり設計工房公式サイト

この記事を書いた人

佐々木亜紀
佐々木亜紀
株式会社アドプラス 代表取締役 
千葉コワーキングスペース201オーナー

ウェブ制作10年、実店舗運営7年。
50万PV/月のメディア運営中
ワードプレス制作と実店舗運営の経験を生かしてワードプレスの基礎構築講座を主宰。

中小企業庁
ミラサポ専門家派遣事業登録専門家
千葉県産業振興センター登録専門家

動画で学ぶワードプレス講座

3年間対面のワードプレス講座をさせていただいた内容が動画講座に生まれ変わりました。

こんな方のためのワードプレス動画講座です

・依頼せず自分で作りたい
・コストを抑えてサイト運営したい
・ホームページとブログが一緒になっているサイトが必要
・整体院・個人サロン・士業など個人事業者
・これから事業を立ちあげる
・小さな会社のウェブ担当者

この動画で学ぶワードプレス講座は
専門知識を学ぶ動画ではありません。

たった40本の動画(合計4時間)の
サンプルサイトの作り方を見ながら
操作方法を覚えるだけです。