「ホームページの印象」と「実際」とのギャップが大きいとお客様はがっかりする


受講者さんの制作ページ一覧ページを作るためにみなさんのサイトを覗きに行きました。

一覧ページはこちらです。

初めてこうやってみなさんの作ったサイトを並べてみてびっくりしたことがあります。
みなさん同じテンプレートを使っているのですが、それぞれの事業内容や事業イメージがしっかり表現できているということです。

ホームページを作りたい!という方の満足度は「デザイン性の高さ」も求められる。

ホームページの目的は「作る」ことではなく、「人を集める」こと。

見てもらえる段階まで更新し、事業が続く限り管理し続けることです。

もちろんデザイン性の高いホームページなら満足感は高い。

しかしデザイナーや制作会社に丸投げしてしまうと修正、更新がなかなかできない。

ですからどちらを優先させるかを問われたら、私は自分で操作できる方がいいと思っています

ということで、講座の中では「見た目」より「情報をわかりやすく見せる」ことが中心になります。
(画像加工のポイントはお伝えします)

しかし・・・・

こうして今まで作ってきた受講者さんのサイトを見ると・・・・。

皆さんご自身の事業の「らしさ」が上手に表現できていると思いませんか?

事業内容が画像と言葉でそのまま、ちゃんと伝わってくる。

アクセスしてくれたユーザーさん、サービスを受けてくれるお客様は「ホームページの印象」と「実際」のギャップのない安心感が得られているのではないでしょうか?

当然ギャップが大きいほど、クレームにもつながりかねません。

 

 

 

この記事を書いた人

佐々木亜紀
佐々木亜紀
株式会社アドプラス 代表取締役 
千葉コワーキングスペース201オーナー

ウェブ制作8年、実店舗運営5年。
ワードプレス制作と実店舗運営の経験を生かして集客のためのワードプレスの基礎構築講座を主宰。

中小企業庁
ミラサポ専門家派遣事業登録専門家
千葉県産業振興センター登録専門家

講座MENU

制作前の企画作りからワードプレスの制作、集客方法を1日でぎゅっと詰め込んで習得します。

開催日時時間予約状況
9月5日(水)14:00〜満席
9月12日(水)10:30〜16:00満席
9月18日(火)10:30〜16:00満席
9月28日(金)10:30〜16:00満席
10月10日(火)
10:30〜16:003名