ワードプレスって「ちゃんとしたホームページなの?」という質問に対して・・・・

ちゃんとしたホームページってなんでしょう。
ちょっと数年前までは、ホームページとブログって別の物でしたからね。

ちゃんとホームページを作って、ブログは無料ブログでという時代。
あっという間に終わりましたが確実にそういう時代がありました。

ではワードプレスで何ができるのか代表的なものをざっくりと3つのパターンを紹介します。

①ホームページとしての役割

ワードプレスは「固定ページ」と「投稿ページ」というものがあります。
1〜3階層で内容が完結し、変化があまりないものを「固定ページ」で作ります。

会社概要とかアクセスページとかメニューページなどですね。

ホームページとしての役割は、
事業内容をわかりやすく伝える。
事業の信頼度を上げる。
などがあります。

ここで作るものが昔でいうホームページとしての役割を果たします。

②ブログ(コンテンツサイト)としての役割

最新情報をいち早くお客様にお届けしたり、お客様に役立つコンテンツを書き、情報を積み重ねていきます。

これをワードプレスでは「投稿ページ」で更新していきます。
カテゴリやタグ、アーカイブという機能で情報をわかりやすくグループ分けしていきます。
ここで作るものが昔でいうブログとしての役割を果たします。

このコンテンツを自由に更新していくことで、お客様に役立つ情報を多く提供することで益々信用度を上げ、自分(事業)のブランド力を上げたりできる上、検索やSNSからのアクセスが増えてきますね。

③セールス(ランディング)ページとしての役割

最近ではランディングページもワードプレスで作れるテーマも増えてきました。
サイドバー、上下のメニューをなくし、一つのコンバーションのみを目的としたランディングページの作成が簡単になってきました。
(作り方は講座の中でお伝えします)

資料請求やキャンペーン情報、イベント告知を広告に出したり、SNSにシェアしたり。

サイト全体のデザインイメージをガラリと変えたランディングページも同じワードプレスの中で作れます。

以前は制作費に数十万円もかかっていたランディングページを自分のワードプレスの中で気軽に作れるようになりました。

同じサイトの中で作ることでランディングページでも検索からのアクセスも期待できます。

一つのウェブサイト(同じドメイン)の中で、ホームページ、ブログ、ランディングページを自由に作っていくことができます。

それが、ワードプレスです。

ということでワードプレスってちゃんとしたホームページなの?という質問に対する答えは

ちゃんとしたホームページより格段に上です。

この記事を書いた人

佐々木亜紀
佐々木亜紀
株式会社アドプラス 代表取締役 
千葉コワーキングスペース201オーナー

ウェブ制作8年、実店舗運営5年。
ワードプレス制作と実店舗運営の経験を生かして集客のためのワードプレスの基礎構築講座を主宰。

中小企業庁
ミラサポ専門家派遣事業登録専門家
千葉県産業振興センター登録専門家

講座MENU

制作前の企画作りからワードプレスの制作、集客方法を1日でぎゅっと詰め込んで習得します。

この講座を学ぶと
自分でワードプレスを作るスキルとウェブマーケティングの基礎を身につく。
検索に強い集客しやすいワードプレスを自分で運営していくことができるようになります。