ワードプレスのバックアッププラグイン「Back WP up」を設置する

ワードプレスのバックアップは必須です

ご自身でワードプレスでサイト運営していくならワードプレスのバックアップを定期的に取っておきましょう。

ワードプレスは今、集客の為には欠かせないツールとなっています。
もしその大事なツールがある日突然なくなってしまったらどうしますか?
その「ある日突然」に対して、対策していますか?

サーバー上にすべてのデータがある以上、ハッキングなど日常的に起きる可能性があります。

セキュリティに力を入れているサーバーを選択したり、プラグインを入れたりなどの対策もリスクヘッジの対策ですが、完璧な対策は不可能です。
そのためにも、データのバックアップが必要です。
バックアップを取っておけば、とりあえず安心です。何かが起こった時も、なんとかなります。

ワードプレスは二種類のデータで構成されています

「データファイル」と「データベース」のデータです。
FTPソフトでダウンロードできるデータ(データファイル)と
FTPソフトでダウンロードできないデータ(データベース)です。

この二つがなければ、バックアップを取っていても復元させることは難しいので、必ず2種類のデータのバックアップが必要です。

プラグインが「BackWPup」について

1・定期的に自動でバックアップをとる
2・二種類のデータを保存できる

この条件を満たしてバックアップが取れるプラグインが「BackWPup」です。

自分で復元できるの?

復元できます。
しかし、もし専門知識がなかったらもしかしたら自分で復元するのはちょっと難しいかもしれません。
でも、ゼロから作り直すよりずっとずっといいでしょ。
専門家にそのデータを渡せばなんとかなります。
そのためのデータ保存です。

プラグイン「BackWPup」の設定方法

動画にしていますので、上から順に見てください。

ワードプレスのバックアップを取るプラグイン「BackWPup」設定方法①

ワードプレスのバックアップを取るプラグイン「BackWPup」設定方法②

ワードプレスのバックアップを取るプラグイン「BackWPup」設定方法③

この記事を書いた人

佐々木亜紀
佐々木亜紀
株式会社アドプラス 代表取締役 
千葉コワーキングスペース201オーナー

ウェブ制作8年、実店舗運営5年。
ワードプレス制作と実店舗運営の経験を生かして集客のためのワードプレスの基礎構築講座を主宰。

中小企業庁
ミラサポ専門家派遣事業登録専門家
千葉県産業振興センター登録専門家

初回限定オンライン無料相談受付中

受講をする前にまずは相談したい!
そんなお声にお答えいたします。

こんなことでお悩みの方はどうぞご相談ください

・自分の事業でワードプレスが本当に必要?
・現状の集客方法にワードプレスをプラスしたほうがいいの?
・ 現状のホームページを生かせない?
・ワードプレスを取り入れたいけど今のブログはどうするの?
・今のホームページはどうしたらいいの?
・講座ってどんな内容なの?