ワードプレスはすごくいいけど、つまずくポイントがここ。

ワードプレスってすごくいい!って聞いてはじめてみたけど、つまずいた〜!という声をたくさん聞きます。

私も約6年前からワードプレスを触っていますので、初心者のつまずきポイントは経験済み。
ワードプレスはとっても奥が深い。いろんな人がいろいろいじれて、いろいろできるから、面白い反面、情報があふれてます。情報がたくさんありすぎて、初心者の人が何からどうやって初めていいかが見えにくい。本もたくさん出てるけど、どれを選んだらいいかわからない。

初心者のつまずきポイントここだよね〜!というところ

  • レンタルサーバーって色々あってどこがいいのかググっているうちに1日終わった。
  • 本を買ってみたけど専門的すぎてわからなかった。
  • ワードプレスのインストールすらできなかった。(最近はサーバー会社で自動インストールができるようになったので、この辺は少ないかな?)
  • トップページの見せ方が難しい。テーマ(テンプレートのようなもの)は、最初の段階でブログ形式になっているためトップページをホームページっぽくできない。
  • テーマの選定。色々ありすぎて選べない。
  • プラグイン(機能追加)の選定。たくさんありすぎて選べない。
  • 凄すぎるテーマを選んでしまった。機能が充実しすぎて、テーマに自分のコンテンツを合わせないと見た目が整わない。
  • 凄すぎるテーマを選んでしまった、その2。自分で希望する場所に希望するものを表示できない。
  • 綺麗すぎるテーマを選んでしまった。もともとテーマで使ってる画像が綺麗です。写真を自分の写真に変更していくたびに崩れていく。
  • 海外のテーマを選んでしまった。細かい表示が英語になっているので、PHPがわからないと日本語に変更できない。
  • ワードプレス本体は常にバージョンアップをします。既存のテーマもそれに合わせてバージョンアップしないと不具合が生じる可能性があります。テーマ作った人がバージョンに対応してくれていないと困ることになる。

ワードプレスはすごくいいツールです。でもやっぱり「つまずきポイント」はいっぱいありますね。

つまずきポイントを軽減してくれるテーマがこれ

そのつまずきポイントをかなり軽減してくれるのが、株式会社ベクトルが無料提供しているLightningというテーマです。WordPressディレクトリに登録されているので安心して使えます。
また日本人の方が作っているテーマなので、日本人の脳になじみやすい文字フォント、見やすさは抜群。
専門知識が不要で制作できるだけでなく、慣れてきたら、Bootstrap、FontAwesomeを使って簡単に面白い装飾ができたり、慣れるほど面白い。

ワードプレスをウェブ制作者ではなく、一般の人が自分で作る という講座をずっと開催したいと思っていましたが、難しかったのは、どうしても専門知識が必要だったから。

このLightningがリリースされてやっと実現しました。実際の制作案件で数社作ってみましたが、このテーマは、これから自分で作りたい人、特に一人で事業を始めた個人事業家さんや事業内容によっては中小企業さんにとっても安心して使えると確信しています。

まずは、はじめてみませんか?

この記事を書いた人

佐々木亜紀
佐々木亜紀

株式会社アドプラス 代表取締役 佐々木亜紀
千葉コワーキングスペース201 オーナー

2009年9月開業。ウェブ制作業務を開始。
WordPressを使った制作を行い、中小企業、個人事業主、女性起業家のサイトを制作する傍ら、SNSなどウェブを使った集客全般のサポートを行う。
2013年よりコワーキングスペースを運営。

中小企業庁
ミラサポ専門家派遣事業登録専門家
千葉県産業振興センター登録専門家

集客のためのワードプレス基礎構築講座

ホームページを制作しながら、ワードプレスの操作方法を学んでいく講座です。

HTMLやCSS、PHPなどの専門的な知識は一切必要なく見やすいサイトが出来上がります。

マンツーマンのワークショップでノートパソコンを持ち込んで作業します。
基本的なワードプレスの操作を学び、これからのサイト運営にお役立てください。