テキストやボタンの配置を右寄せにしたい時

WordPressのバージョンが5.0に上がりブロックエディタというものできたので、テキストやボタンの配置は、以下の方法でなくても簡単にできるようになりました。

lightningのテーマでは、CSSフレームワークの定番であるBootstrapを採用していますので、クラス名をつけることで、あらかじめ設定された装飾を簡単に行うことができます。(Bootstrap参照

文章の下にボタンをつける場合やテキストの下に右寄せの文章を載せたい場合、クラス名に”pull-right”をつけることで、右寄せにすることが可能です。

右寄せにしたい場合は、クラス名に”pull-right”をつけましょう。

サンプル

テキストの右寄せ

詳細はこちら

ボタンの右寄せ

右寄せボタン

HTMLをコピペして使ってね。

□テキストリンクの場合

<a class="pull-right" href="#">詳細はこちら</a>

□ボタンリンクの場合

<a class="btn btn-default pull-right" href="#" >詳細はこちら</a>


その他・コピペで使えるBootstrapサンプル

コピペで使える「枠」の作り方
コピペで使えるボタンの装飾

プロと一緒にご自身の事業で使うホームページをワードプレスで作りましょう!

専門知識不要で、あなたの事業に合わせて、その場で一緒に形にしていきます。

ご自身で制作に関わっているので、その後のホームページの運営、更新、変更、修正がコストをかけずご自身でできるようになります。

わからない時はすぐに聞けるので、挫折しません!!

この動画は事業用ホームページを作成するための動画です
(アフィリエイト用のサイト作りやアドセンスブログには向きません)