無料ドメインではなく独自ドメインを使おう。

自分の財産を独自ドメインに残そう。

クライアントさんは女性起業家、個人事業主、中小企業、NPOや行政団体等が主ですが、その中でも個人事業の方で、自分の情報発信のツールとして信用性の高いものを作りたいと言う方が多いです。

今までもアメブロなどの無料ブログやFBでも情報発信している方がほとんどです。

無料ブログもSNSも気軽に情報発信ができるいいツールです。

SNSはその場ですぐに発信して反応も早いし、拡散力もあって、今は欠かすことができないツールです。

image

しかし、ウェブ上で自分の大事な情報を発信するなら独自ドメイン持つべきです。

コツコツと情報を発信しているそのデータは大事な自分の財産です。

その財産は独自ドメインに残すべき。

無料ドメインであっても、お客様に見つけてもらえます。

しかしその状態で事業を続けることは、年数が経過すればするほど、リスクが高まります。

事業が軌道に乗れば乗るほど、リスクは高まる。

無料ブログだけでなく、レンタルサーバーの無料ドメインも同様です

サーバーをレンタルして自分のサイトを用意しているにも関わらず、独自ドメインではなく、サーバー会社が提供している「無料ドメイン」を使っているサイトもあります。

ロリポップなら
▲▲▲.lolipop.jp とか、ロリポップは一種類だけでなく104種類も用意されています。

エックスサーバーなら
▲▲.xsrv.jp

さくらサーバーなら
▲▲.sakura.ne.jp

もちろん、このドメインを利用してホームページを作ることもできますね。

ドメイン費用は無料です。

しかし、これは独自ドメインではありません

サーバーを借りている上のサービスのドメインなので、サーバーを引っ越す等の問題が出た時は、このドメインは使用できなくなります。自分のドメインではないからです。

aaa.xsrv.jp
bbb.xsrv.jp
ccc.xsrv.jp
ddd.xsrv.jp  と他のサイトとサブドメインという形で繋がっているサイトの中の一つという認識です。

以前の事例ではサブドメインの1つのサイトに何らかのペナルティが発生するとイモヅル式で同一ドメインに影響が出たという事例がありますので、注意が必要ですね。

たかが年間1500円程度のドメイン費ですので、ここは独自ドメインで運営しましょう。

 

この記事を書いた人

佐々木亜紀
佐々木亜紀
株式会社アドプラス 代表取締役 
千葉コワーキングスペース201オーナー

ウェブ制作8年、実店舗運営5年。
ワードプレス制作と実店舗運営の経験を生かして集客のためのワードプレスの基礎構築講座を主宰。

中小企業庁
ミラサポ専門家派遣事業登録専門家
千葉県産業振興センター登録専門家

初回限定オンライン無料相談受付中

受講をする前にまずは相談したい!
そんなお声にお答えいたします。

こんなことでお悩みの方はどうぞご相談ください

・自分の事業でワードプレスが本当に必要?
・現状の集客方法にワードプレスをプラスしたほうがいいの?
・ 現状のホームページを生かせない?
・ワードプレスを取り入れたいけど今のブログはどうするの?
・今のホームページはどうしたらいいの?
・講座ってどんな内容なの?