サービスが悪いわけじゃない。見つけてもらっていないだけ。

ホームページ作った。情報を公開した。告知を始めた。忙しくなるぞ〜!
そう思って待っていても全くお問い合わせが来ない。

やっぱり私のサービスって誰も必要としていないのね。鬱〜。

2016-06-24_043440000_059EF_iOS

こんな状態になっていませんか?

落ち込む前に正しい情報をみよう

実際にどれくらいの人がサイトを見にきてくれているかを知ることが重要です。

グーグルのアクセス解析を見れば、いろいろなことがわかります。

どこから、どんなキーワードで来ているか、スマホなのか、PCなのか、何ページ見ているのか、どれくらいの時間、見ているかがわかります。

お申し込みに繋がらない多くの原因は、サービスがいい、悪い、という以前にそもそも見つけてもらっていないということがわかります。

それが分かれば、不用意に価格を下げてしまったり、落ち込む必要もありません。

まずは、正しいアクセス解析(※)を設置し、現状を知ることです。

サービスを見直したり、落ち込むのはその後です。

実例

スクリーンショット 2016-06-24 14.34.45

「ワードプレスでホームページ制作講座」のこのサイトのアクセス解析の表です。

このサイトを本格的にオープンしたのが5月1日。

それから今日までの約50日間のアクセスです。

記事数も少なくグーグルからのアクセスがほとんどありません。

成約数÷訪問者数×100=成約率

10÷1786×100=0.55

この一ヶ月の成約率 が 0.6% です。
普通のセールスページの成約率は1%くらいと私は考えていますので、まあ、まずまず。

仮に来月の目標は成約数20!と目標を立てたとします。

そうすると単純に訪問者数を増やす努力をすればいいわけですが、そういうわけではありません。

アクセス解析を見るとFBからサイトを見に来ている方がほとんどです。

つまり、私と繋がっている人、あるいはその人が紹介してくれて、申し込んでくれた方です。

この状態のままでは問題が出てきます。

  • 情報をFBに記事を上げ続けないければいけない
  • 情報を見てくれる人がほぼ限られている
  • 私のサービスに興味ない人(友達)の目にも触れている

という3つの問題です。

FBの友達を増やすか他からのアクセスを増やす方法が必要です。

サイトへのアクセスを増やすためにFBの友達を増やすことは私の場合はしません。

必然的に他からのアクセスを増やす方法を考えます。

検索の検索から訪問してくれる人は私のサービスを探している人です。

つまり検索からのアクセスを増やす努力をするということです。

検索からのアクセスを増やす方法は?

それは、検索してくれるユーザーの役に立つ記事を増やす。
あるいは広告を出すことです。

もちろんグーグルの広告も一つの方法です。
費用対効果が良ければ、それもあり。

私の場合は、検索してくれるユーザーの役に立つ記事をコツコツと増やす。それだけです。

原因がわかり対策が分かれば、落ち込んでいる暇はありませんよ。

つまり、正しいアクセス解析(※)を見れば、これから何をすればいいかが明確にわかります。

 

※正しいアクセス解析・・グーグルが提供している無料のアクセス解析、グーグルアナリティクスを設置しましょう。
アメブロのアクセス解析を見られている方は、アクセス数水増しの事実を知るということと長期間の統計が取れません。

アメブロのアクセス数水増ししてるよ私のすっかり放置しているアメブロのアクセス数です。月に1262アクセスなんて全くありえない。

グーグルアナリティクスを設置して正しい数値を取り、長期間での観察をしなければ、改善の施策を考えることができません。

これからの長く事業を継続させていくためにも数ヶ月のアクセス数を見るだけでなく、年単位で見ていく必要があります。

アメブロがアクセス解析を68倍も水増ししている本当の理由

 

 

1日で作るワードプレス講座

ホームページを制作しながら、ワードプレスの操作方法を学んでいく講座です。

HTMLやCSS、PHPなどの専門的な知識は一切必要なく見やすいサイトが出来上がります。

マンツーマンのワークショップでノートパソコンを持ち込んで作業します。
基本的なワードプレスの操作を学び、これからのサイト運営にお役立てください。