ワードプレスとJimdo、どっちがいい?

WordPress or Jimdo

ジンドゥー(Jimdo)とワードプレス(WordPress)の共通点

どちらもCMS(コンテンツマネジメントシステム)と呼ばれるもので、オンラインのシステムです。

ブラウザ管理画面からログインして、ワープロソフトのような感覚で、記事・ページを作成・更新できます。
簡単にスピーディーにホームページを自力で作成する事ができます。

ホームページの全体のデザインは提供されている(無料・有料あり)テンプレート(テーマ)があるので、自分でデザインしなくても作成できます。
自分の作りたいイメージのデザインを探して作成していくことができます。

JimdoとWordPressのメリットとデメリット

ビジュアルベースのジンドゥー(Jimdo)

Jimdoは、デザインを見ながら好きな場所にブロックを積み重ねるように画像やテキストを入れていくことができるので、初心者の人でも簡単にホームページを作っていくことができます。

メリット

管理、メンテナンス、サーバー込みのサービスなので、メンテナンスが必要ありません。

誰でも手軽にすぐにサクッと始めることができます。

デメリット

拡張性が低い
提供している機能の中で作っていくので、欲しい機能が追加できない。
他のツールへの移転が難しい。

ブログベースのワードプレス(WordPress)

ワードプレスはサーバーを自分でレンタルしたり、ワードプレスをサーバーにインストールしなければ始めることができません。

デメリット

最初はサーバー借りたりインストールしたりするので、ちょっと難しいです。

メンテナンスは自分で管理しなければいけない。

メリット

拡張性が高い。
つけたい機能をいろいろな方法で追加していくことができる。
自由度が高い。
他のツールやサービスとの連携も可能
ブログ機能が充実しているので、サイトボリュームを気軽に増やして整理していくことができる

結論

Jimdoは未経験の人がサクッとホームページを作る場合、作りやすくおすすめです。
特に小規模用のサイト、期間限定サイト、1製品紹介用サイトに向いています

ワードプレスはホームページとブログを一体化させ、ブログを更新していくことに力を入れていきたいのであれば、ワードプレス(WordPress)がおすすめです。
特に企業用サイト、育てていくサイトに向いています

1日で作るワードプレス講座

ホームページを制作しながら、ワードプレスの操作方法を学んでいく講座です。

HTMLやCSS、PHPなどの専門的な知識は一切必要なく見やすいサイトが出来上がります。

マンツーマンのワークショップでノートパソコンを持ち込んで作業します。
基本的なワードプレスの操作を学び、これからのサイト運営にお役立てください。