自分でサイトを運営するということは、緊急性の高い出来事に対応するのが「あなた」ということです。

ワードプレスは便利!ワードプレスは簡単!ワードプレスはSEOが有利・・・・・。

そんないいことばかりではありません。

先日WordPress4.7、WordPress4.7.1で、緊急性の高いセキュリティ上の問題(脆弱性)が公表されているのはご存知ですか?

おそらく契約しているレンタルサーバーからメールが届いていると思いますが、チェックしましたか?
今自分が使っているWordPressのバージョンは何なのか、管理画面でチェックしましたか?

自分でサイトを運営するということは、何やら緊急性の高い出来事にどう対応するかは「あなた」にかかっています。


ワードプレスは、
サーバー(php)  +  ワードプレス + テンプレート + 機能(プラグイン) の組み合わせで色々なことができるようになります。

ワードプレスをバージョンアップすると、テンプレート、機能(プラグイン)と組み合わせが悪くなり動かなくなることがあります。

講座の中で必ずお話ししていますが、今後絶対に大丈夫ということはないということ。
動かなくなる・・・そういうリスクを抱えます。

じゃ、テンプレート、プラグインも常にバージョンアップすればいいんだね・・・・・・・。

いいえ!!
それだけありません。

レンタルサーバーが提供しているPHPのバージョンは大丈夫???

いつも欠かさず、最新のものにしておけば、いいとも限りません。
だって、今回のWordPress4.7.1は、最近のバージョンですからね。

ということで、じゃあ、どうすりゃいいのさ。

もう素人さんがワードプレスを安心して管理できるのは、たった一つ。

相談できる専門家(ワードプレスに詳しいエンジニア)と仲良くなること。

これしかない。

私もいざというときは、頼ってます。だって、分からないもの。

できればそういう危機的状況に陥りたくない。
だから、
運営を始める段階でリスクを一つでも減らすべきなのです。

それが、

安心できるサーバーを選ぶ。
安心できるテーマを使う。
安心できる機能(プラグイン)を使うということです。

決してデザインがシンプルだから、機能が便利だから、という理由でLightningをお勧めしているわけでないのは、ここにあります。

そして私自身も運営サイトで同じテーマを使用し、すべての状況において大丈夫と判断した上でバージョンアップに「GO」が出せるわけです。そうでなければ、皆さんの大事なサイト、怖くて「GO」サインなんて出せません。
(ダメな時はちゃんと復旧作業しますけどね・・・できればやりたくない)

ちなみに現在は、
受講者の方で受講中にエックスサーバーを新規に契約された方は、すべてバージョンアップして大丈夫ですGO!

そうでない方は、契約サーバーが提供しているPHPのバージョンを確認してください。
php5.6以上であるか確認しましょう。
php5.6以下の場合は変更する必要があります。
php5.6以下のままでは、大事なプラグイン(VK ALL in One Expansion Unit)が一つ動かなくなりますので。

小規模事業者・女性起業家向けのワードプレス講座

ホームページを制作しながら、ワードプレスの操作方法を学んでいく講座です。

HTMLやCSS、PHPなどの専門的な知識は一切必要なく見やすいサイトが出来上がります。

マンツーマンのワークショップでノートパソコンを持ち込んで作業します。
基本的なワードプレスの操作を学び、これからのサイト運営にお役立てください。