サービス開始したらサイト作ります!では遅い。

ブログの情報をそのまま活かしてホームページへ

ホームページはサービスができあがってからという先入観

サロンオープンしてからサイト制作。
開業してからサイト制作。
起業してからサイト制作。

以前のホームページ制作ではこの流れでした。

ホームページは制作にコストも時間もかかっていたので、「ちゃんとしたもの」を見せるのが一般的だったから。

開業する時にはすでにファンがいる状態にするために

しかし、実際にはサロンを作るにも、物件を借りるにも全てに毎月経費がかかります。

1日でも早く売り上げを上げなくてはいけません。

1日でも早く多くの人に自分のサービスを知ってもらわなければいけません。

しかしサロンが出来上がってからホームページを完成させてもそのサイトに実際に人が見にきてくれるには時間がかかります。

そしてサイトオープンしたらどんどんお客様が来てくれるわけではありません。

サイトオープンしてからそのサイトを見てもらうまでには大きなタイムラグが生じます。

この大きなタイムラグをどうするか。

ワードプレスを使いましょう。

たとえサロン準備中でどんな状態だとしてもいつからでも情報は発信できます。

起業準備中でもできることはブログを書くこと

起業準備中でもできることはブログを書くこと

ワードプレスはブログ構築システム(CMS)です。
とにかく、ブログとして「今」の情報をどんどん発信していきましょう。

準備の段階をみんなに知ってもらいましょう。
こんな場所に、こんな思いで、こんなサービスで、こんな内装で、今こんな状態で・・をどんどん発信します。

オープンまでのワクワク感を共有してもらいましょう。

オープンを楽しみ待ってくれるお客様や、オープンを応援してくれる人たちが集まってきます。

SNSだけではダメです。
自分のホームページになるドメインを使いわないと意味がありません。
この間に発信した情報が蓄積されある程度ボリュームのあるサイトになってきます。

その情報が蓄積されたブログを活かしてホームページにしていきましょう。

そのブログをホームページとしてカスタマイズしてそのまま活かしていけるのがワードプレスです。

1日で作るワードプレス講座

ホームページを制作しながら、ワードプレスの操作方法を学んでいく講座です。

HTMLやCSS、PHPなどの専門的な知識は一切必要なく見やすいサイトが出来上がります。

マンツーマンのワークショップでノートパソコンを持ち込んで作業します。
基本的なワードプレスの操作を学び、これからのサイト運営にお役立てください。